キャスターとボルトとナット。
2018年01月25日 (木) | 編集 |
キャスターとボルトとナットが欲しかったのだが、
近場のホームセンターには欲しいサイズがない。
ネットで探して見つけたのが、モノタ〇ウという事業者向けサイトでした。
本来、個人では利用できないようなのだけど、個人名で会員登録してみたら、
無事に購入できました。
初回特典で10%オフだったし、思ったより安く買えたし、
取り付けたら、まあまあの出来だ。

数日後。

郵便局の不在票がポストに入っていた。
モノタ〇ウからの定形外郵便。
はて、なんだろうか。
心当たりはないが、寒いのに再配達は申し訳ないので、
時間外窓口に取りに行くことにした。

あ、もしかして、会員登録したときに、抽選でなんか当たったりした?(ポジティブシンキング)

胸のワクワクを抑えながら、寒風吹きすさぶ中、不在票を握りしめ、
窓口に取りに行くと、係のおねーさんが「こちらです」と渡してくれたのは、
それはもう分厚いカタログでした。
ポジティブシンキングってナンデスカのぉ?
スポンサーサイト

花公園に行く。
2017年10月12日 (木) | 編集 |
ハロウィーンイベントがあるとかで、花公園に行ってきました

【理想】
IMG_6210.jpg

【現実】
IMG_6211.jpg
咲いてないや~~ん

これで正規料金(1300円)をとっちゃいけないと思う

植え替え時期に当たったらしく、花畑の半分くらいは、枯れかけているか、植えたばかりの状態でした

閑散としたダリア園だったけど、アップで撮れば大丈夫
IMG_6229.jpg

わあ、綺麗!
IMG_6215.jpg

でもほとんどはこんな、畑って感じでした
IMG_6233.jpg

富良野のラベンダー畑“風”のサルビア畑
IMG_6237.jpg

頑張ってるんだろうけど、北海道と比べてしまうとなぁ

↓本場(もちろん無料)
IMG_6107.jpg

なんというか、ロバとウマくらい違う

おまけのお花
IMG_6248.jpg
名前が分からないので、「星のカービィ」と名づけた(似てる)


二回ビール工場に行った記録。
2016年09月13日 (火) | 編集 |
こちらは秋になるとコスモス畑が公開されます

IMG_1044.jpg

見学に行った日は、ちょうど種まきの時期でした


歴代ラベルが並んでいる壁面に感動
IMG_1020.jpg
明治21年 麒麟の様子がだいぶ違う

IMG_1021.jpg
明治22年 ここで見覚えのあるデザインに

IMG_1022.jpg
明治40年 あんまり変わらない

IMG_1023.jpg
昭和15年 ほとんど変わらない

IMG_1024.jpg
昭和18年 戦時中はこんなことに・・戦争反対!

IMG_1025.jpg
昭和24年 麒麟復活

IMG_1026.jpg
昭和32年 多色刷り復活

IMG_1027.jpg
平成元年 キリンラガービールに進化した

IMG_1028_2016091323025263c.jpg
平成2年 まばゆい

ちなみに隠し文字の「キ・リ・ン」ですが、いつだれが何故入れたのかは、謎だそうです


IMG_1007.jpg
ホップ 割るとマジ臭い

IMG_1008.jpg
二条大麦 カリコリ齧ると美味しい 

IMG_1016.jpg
色の濃い方が一番搾り麦汁 薄い方が二番搾り麦汁

まず二番搾りを先に飲むように誘導されます

さっそく味見

う~ん うっすい変な味

次に一番搾り・・・ 甘ーい!美味ーい!

コーンの甘みによく似ています

ちなみに別の日に一番搾りを先に飲むと、この感動は得られませんでした

二番搾りの不味さが引き立て役になるんでしょう

ちなみに一番と二番を混ぜると、結構おいしかったです(ガイドさんに隠れてやりました)

IMG_1042.jpg
フローズンビール

私は飲めなかったけど、泡がむにむにして変な感じでした

IMG_1035.jpg
肝心の工場内の様子は、遠いし、俯瞰でしか見れないのでした

(絵的につまらないので、ジオラマで撮影)

美味しいビールの注ぎ方。
2016年08月28日 (日) | 編集 |
ビール工場へ見学に行ったときに教わった、美味しいビールの注ぎ方

まず、高い位置から注ぎ、できるだけ泡を立てる

グラスの半分程度まで、泡がおさまるのを待つ

二回目、今度はそっと注いで、泡が3、液体が7になるまでさらに待つ

三回目、泡がグラスから1.5センチ程度はみ出るように注ぎ足して、乾杯!


気の短い人にはもどかしい注ぎ方ですが、泡がふわふわで美味しくなるとのこと

せっかくビールをいただいた(ROCkさんありがとう!)ので、試してみることに

お風呂に入る前に愛用のタンブラーを冷蔵庫に入れ、冷やしておくことも忘れてはいけません

今日は、風呂上がりの美味い一杯が待ってるぜ ひゃっほう!

で、

お風呂から上がるときに気がついたんですが、


IMG_1048_1.jpg


陶器のタンブラーじゃ「泡が半分」とか見れないじゃん


※エビスマイスターはビターだけどマイルド 奮発して用意した燻製ナッツと合いました

百姓の魂活用法。
2016年05月16日 (月) | 編集 |
以前、おまけでヒマラヤ岩塩(粉状)をもらったことがある

小さなジップ付きの袋入りなので、調理の際に使いづらい

ちょうど小瓶が空いたので、そちらに詰め替えてみた

とはいえ、ハウスだかS&Bだかの商品で、スパイスとか入ってるやつの使いまわし

ガーリックでも入ってたのかな

ところが、瓶の口が小さいから、塩を入れるのが大変

しかも、中ですぐ固まる

そこそこ大きめの穴なのに、詰まって出てこなくなった

面倒くさくてしばらく放置していたのだが、「塩の容器に米粒を入れると、米が湿気をとってくれる」というのを思い出した

炒り米は面倒なので、生米を入れて(雑)、しばらくしてシャカシャカすると、確かに粉状に戻っている!

いい気になって、鶏肉にパッパッと岩塩振りかけたら、米も一緒に肉の上にパッパッと出てきたのであった・・・