スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正直と辛辣の境
2012年12月30日 (日) | 編集 |
クリスマスに買ったケーキがいまひとつおいしくなかった

そもそもショーケースに書かれた説明と実際のケーキの内容が違う気がする

確かめるためにお店のサイトを探してみました

するとフェイスブックをされているようなので、問題のケーキの画像と説明文を確認し、

「説明と違う。がっかりした」という内容のコメントを残してきました

自分のフルネーム(ローマ字だが本名)を残してです

顔見知りがいるわけでも、まめに通っているわけでもないケーキ屋だから、

クレーマーだと思われても、別にいいんです


数日後、そのケーキ屋に会社のおつかいで行くことになりました

領収書を切ってもらう際、「どんな字ですか」と訊かれ、会社の名札を見せました

もちろん私のフルネームが書いてあります


クレーマーなのはバレてないと思います


たぶん


スポンサーサイト

無駄な努力と言うなかれ~
2012年12月28日 (金) | 編集 |
日夜、節電に励んでおります

レンジもPCもテレビもすべて節電タップにつないでおります

電気ケトルでお湯を沸かすにも、まず節電タップのスイッチを入れてから、

本体スイッチをONします

先日も朝コーヒーを飲もうと、ケトルに水を入れ、タップのスイッチを入れ、

お湯が沸いてる間に出かける支度をし、沸いたであろう頃に、

マグカップにだばだばと注いだら、水のままでした

うん 本体のスイッチが入ってなかったね

水で淹れたインスタントコーヒーの味は、得難いものがありました


ていうか、電気ケトルに待機電力は発生しませんがな

逆に節電タップのランプの点灯が気になる今日この頃


心残りのないように
2012年12月26日 (水) | 編集 |
今年もあとわずか

お正月休みに備えて、図書館で本を借りておかなくてはなりません

しかし思いのほか休館日が多く、今週の私のシフトでは、仕事帰りに駆け込むのも難しい

このまま活字のない連休に突入したら、禁断症状で何をしでかすかわかりません

こうなったら会社の古新聞を持って帰るしか・・でも細菌がついてそうでイヤだな

ところが運良く、今日は早めに終わったので、閉館5分前に図書館に入ることができました

ずーっと読みたかった本もGETできてほくほくです

もう思い残すことはありません

心静かに年の瀬を迎えるだけです


え、ネンガ ジョウ?オウ ソウジ?


そんなお名前の方は存じ上げません



ふたりのサンタ
2012年12月24日 (月) | 編集 |
クリスマス、それは普通のケーキが手に入らない季節

IMG_9095.jpg

見ためはかわいいけど味はイケてない田舎のケーキ屋さんなのでした

でもサンタさんはうちにも来ましたよ~

IMG_9103.jpg

華やかな香り漂うクリームとソープのセットbyよーこサンタ

お風呂あがりにもほのかに残る香り うっとり・・

嗅がせる相手がいないのが残念


恒例のにゃんこグッズはROCKサンタから

IMG_9104.jpg

一番お気に入りは4月のカレンダーにゃんこ

とらちゃんみたいな色のスコっているんですね~かーわいいっ

あ~んど ご当地おやつ

IMG_9101.jpg

「火おこし」はおこしなのに唐辛子が入ってるみたいです

めずらし~辛そう~

食べてみたい~

でも食べ物はお正月までとっておくんだぃ

いや、おくつもり・・

おけたらいいな・・


↑すでにピーナッツサブレには手をつけてしまった・・獅童も明日あたり危ない



つかみはOK
2012年12月22日 (土) | 編集 |
帰宅するとポストに、明らかにチラシではないピンク色の物体が挟まっていた

やったぁ!きっとクリスマスプレゼントだ!

わくわくしながら取り出したら、ガス店からの粗品タオルだった

まぁ、プレゼントっちゃあプレゼントなんですが・・

当たればなんでもいいのよ!
2012年12月22日 (土) | 編集 |
おうちに帰るとポストに小さな包みが入ってました

包みには“楽天”の文字

はて、なんであろうか?

開封すると、にゃんと!

アンケートに答えた方の中から抽選でサンプルプレゼント!

というのに当たったらしいのです

あたし、意外にくじ運がある!

と思ったけど、賞品はタバコでした・・(私は吸いません)


そういえば先日はマックカード1000円分がネットバンクから送られてきました

あたし、意外にくじ運がある!

と思ったら、保険加入者全員へのプレゼントでした・・


悪の教典(ダメ、ゼッタイ!
2012年12月19日 (水) | 編集 |
ネットでパンツ(下着じゃないほう)を買いました

レヴューを読んで注文しました

今日届きました

さっき穿いてみました

が・・・


ぜんっぜんウエストが入りませんっ


どういうことだ

発注後の一週間でそんなに太ってしまったのか

穿けるけどボタンが留まらないぜ・・

こういう自己都合のサイズ交換の場合、往復送料が自己負担となる

そんなときに普通の人がとる行動はおそらく、
①送料負担してでもサイズ交換をお願いする
②自分より細い人に譲る
③泣き寝入りする

しかし私がとる行動は、
①不良品じゃないか調べる
②ケチをつけるところがないかとにかく調べる
③自分で穴を開けてでも開いてたことにして返品する(

まぁ、③は冗談だとして、そのくらいの勢いで調べたら、実寸が表記サイズより

数センチ小さいことが判明しました

なぜか商品番号も違うし、不良品か商品違いか、どちらかでしょう

返品連絡のメールを送りました

おかげでに手を染めずに済んだぜ(やる気だったのか



押してはいけない
2012年12月18日 (火) | 編集 |
今はネットで簡単にプレゼントキャンペーンに応募したりできますね

ハガキを書く手間や切手代がかからなくて、まことに喜ばしい

しかし滅多なことじゃ当たらない

送られてくるのは、せいぜい先着1000名の化粧品サンプルぐらい

実品なんて当たりゃしない

ところが今回、ささやかながら500mlペットボトルのマテ茶が当たりました


やればできるじゃんあたし!


この商品、店頭で引き換えチケットを発券して受け取るらしいです

なになに・


『当選メールを携帯電話に転送し
メールに記載の引換用バーコードURLをクリックし
当選画面を表示してください』



・・バーコードURLをクリックだと・・ ?


パケットし放題に入ってないあたしのケータイでは、それは

押してはいけない”地雷なのです




まあ、よくよく読んだら、テンキー搭載の機械であれば、

バーコード番号を打ち込めば発券されるらしいことがわかったのだが、それはそれで面倒くさい

ていうか、マテ茶苦手だし(←なんで応募した

願いをひとつ
2012年12月16日 (日) | 編集 |
この時期になると話題にのぼるのが、何歳までサンタさんを信じていたか、だ

そこで「私はサンタを信じた事がなかった」などと言い放ってしまい、

可哀想な生き物を見る顔をされるのが恒例

今年は50過ぎのおっさんですら、子供の頃は信じていたという事実を知らされ、

ますます惨めです

くっそぅ サンタさんはそんな大昔(なにげに失礼)から日本にいたのか

だけどいいの

私は大人になったから、自分で自分にプレゼントが買えるからね

今年は何を買うか、迷ってばかりでなかなか決まらないけどね


でも、もしもサンタさんがひとつだけプレゼントをくれるとしたら?



迷うことなく



当たる年末ジャンボと答えます


風邪など召されませんよう
2012年12月14日 (金) | 編集 |
更衣室にだれもいないときは、ヒーターに制服を載せ、

ほかほかにしてから着用します

冷たいものに触れたくないんです

冬はスキニーの下にタイツをはいて出勤します

着替えるときに、素肌が冷たい衣服に直に触れるのがイヤだから

とにかく冷たいものに触れたくないの!

だからというのでもないが、いつも同じブーツにジャケットにストールぐるぐる巻き、

右手にバッグ、左手に電気ケトル(クルマ解凍用)をつかんで、がわたしの出勤スタイルです


先日、私と同年代くらいの方が、ちゃんとおしゃれをして、

ショートパンツにカラータイツ、ブーツを合わせて歩いていました

そうよね、いい歳してショーパン穿いたっていいじゃない

翌日、私もウール混のミニ丈キュロットを穿き、微足(ビキャク)を披露して出勤しました

おしゃれは我慢とはよく言ったもの


翌々日、スキニーに戻ったのは言うまでもありません



心にもすきま風
2012年12月09日 (日) | 編集 |
北国の人に怒られちゃうかもしれないけど、言わせて


寒い


いろいろあったり考えたりしたせいか、休みなのに気分もあがらない・・

独り言が増えた

なんかくさくさする

ちょっと自暴自棄になってるかも

自虐的になってるかも

ヤケクソになってるかも

自傷行為に走っちゃうかも

その証拠に、今から【フローズン】という寒そうなタイトルのDVDを観るつもりです

極寒のスキー場で地上15mの高さのリフトに取り残されるというさむさむな話です

しかもアイスクリームを食べながら観ます!








   
・・・・こたつには入るけれどね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。