長崎は・・・。
2015年02月18日 (水) | 編集 |
今週末は長崎ランタンフェスティバル

夜の撮影は難しくて、これまでは不満足な結果しか残せませんでした
(昼なら良いかというと、そうでもないが)

重い三脚を運ぶのはためらわれるため、各種ブレ写真を量産してきましたが、

そろそろ大人の階段上ってもいいんじゃない?ということで、

何週間も悩みに悩んで、清水の舞台からバンジージャンプするつもりで三脚を買いました!

私的には高いし、重い、買い物だった

1.4kgってペットボトル1本分だものね

カメラとレンズとその他手荷物をくわえると、3kgくらいになるかしら


・・・な、なあに成猫一匹くらいの重さよっ


購入後は、はりきって毎夜せっせと組み立てる練習

そして週間天気予報で長崎は雨だということを知る←一昨日の状況


前川清が憎い←いまココ


スポンサーサイト

正されるべきものは。
2015年02月16日 (月) | 編集 |
某ショップに行くと、隅に白衣の男性がずっと立っており、なんだろうと見ていたら、

奥のスペースでカイロプラクティックの無料体験をやっているという

小部屋にマットが1枚敷いてあり、20~30分間、気になるところをほぐしてくれるそうだ

女性の施術者もいるので大丈夫ですよ~とのこと


カイロはもちろん、整体やマッサージやエステさえ経験のない私

ひとと一対一で接することや、他人に触れられるのが苦手なのだ

しかし感じの良い男性だったし、待ち時間もあったので、流れで私も受けることになった


女性の施術者が現れ、「ではまっすぐ立ってください」と始まったところに、

白衣男性が「次の方がどのくらいで終わりますか?って言われてるけど」と白衣女性に訊ねる

「は?いま始めたばっかりですよ」

わかるわけないでしょ、と言わんばかりのきつい対応


何この人、こわっ!


今さら止めますとも言えないし、肩こりもあるし、愛想笑いを浮かべて、耐えたのだが、

言葉がイチイチきつい


とくに私のガラスのハートを砕いたのは、どんな枕が良いか、という話になったとき

「こういうのが良いですよ」と枕をあてがってくれたので、ほぉ、と枕を覗きこもうとすると、

「枕を見ろって言ってるんじゃないです。この感覚を覚えないと意味がないでしょ」


きっつぅ!


形や素材を目で見ないと、店頭の枕を全て頭に敷かないといけないと思うんですけど、

怖くて言えません

そのあともさんざん脅し文句を聞かされ、(姿勢を治さないと老ける云々)

最後に彼女の経営する施術院のチラシをくれるときだけは、やたらいい笑顔でした


あの女は人の姿勢の前に、おのれの性格を矯正するべきだな

とストレートネックの私は陰湿に思った




悪いことを考えたので、バチが当って、いま背中が痛いです


おしゃれっぽく。
2015年02月15日 (日) | 編集 |
ちかごろ、頭頂部の毛が薄いのが気になってきた

ひとつにくくっているせいで、負荷がかかってるんだな・・・

癖で抜いてしまうのもイケナイのよね

黒髪のまま、染めていないのも、地肌が目立つ原因のひとつ

髪を結ぶと、すごく目立つので、先月短く切ってしまいました

一ヶ月ほど経って、抜くのも我慢して、少しは生えてきたかな?と思っています


そんなある日、こわい夢をみました

それはハゲる夢

薄くなるとかいうレベルじゃなく、ハゲ

ほとんど落ち武者

気がつくと、ロン毛の波平みたいになっていた

もっと怖かったのが、あきらかにハゲてるのに、誰も何も言わずにスルーしてくれること

いやいや!ツッコもーよ!どうしたのって訊こうよ!

夢から覚めて、ハゲのひとってこんなストレスと闘っているのだな、と気がつきました

すげーわ、ハゲの人

これからはあんまりハゲハゲ言ってはいけないね

おしゃれっぽく、抜け感を意識してる人、とか言おう