FC2ブログ
クレーマー開眼。
2015年06月18日 (木) | 編集 |
さて今日はすっごく細かい話をしますヨ!

近所のドラッグストアMでは、店頭にクーポン発券機を設置してます

客が欲しい商品のクーポンを自由に発券できるのです

商品のバーコードを読み込んだ後に、クーポンのバーコードを読み込んで値引きしてくれます

その日はおかめ納豆49円クーポンがありましたので、ついでに買っとこうかな~

と、その他モロモロと共にカゴに入れて、レジを通りました

袋詰めしようとしたところ、レジ係のおばはんが、

「あ!すみません!クーポンがあったのに、値引きしてませんでした!」

あらそうですか、とレジに戻り、返金してくれるものと思ってレシートを渡すと、

「クーポン使った方がいいですか?」

とか抜かすではないか

いやいやいやいや

値引きするつもりがないなら、なぜ呼びとめた?

使わせるつもりがないなら、なぜクーポンなんて発行してる?

このおばはんは何を言っているのだ

49円じゃなかったら、おかめ納豆買わないよ!お城納豆買うよ!

あまりのことに動揺しながらも、折れたら負け!「そ、そりゃそうでしょ!」と値引きを強要します

おばはんはレジを何やら操作し、小銭を差しだしてきて、

「ではこちらのレシートの裏に名前と電話番号をお願いします」

はぁ?

おばはんが勝手に間違えたのに、なぜ客の私が個人情報を晒さなくてはならないのか?

しかもレシートに書いて渡したら、私が貰うレシートは?

「レシートは貰えるんですよね?」

「え、レシート要りますか」

「家計簿つけるのに、要りますけど?」

「・・・・」

要らなかったら訊かねーよ!

黙り込むおばはんに、堪忍袋もズタズタ

レジの後ろにはすでに行列ができている

「これ(おかめ納豆)もう要りません!だったら名前も書かなくていいでしょ!」

「あ、はい。じゃあ49円お願いします」

このうえまだ金払わす気かーぃ!


・・・とは言えなかったが

社員教育されてないおばはんはもちろんのこと、

すぐ横のレジで締めをやってたベテランのねーちゃんが、下手な対応に知らんフリなのもダメだろう

そんなわけで、ドラッグストアM○○店、一人不買運動してます

でも私一人行かなくても、店は困らない

近所の店に行けない自分が一番困っているという・・・

スポンサーサイト