スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長崎観光協会の方々には大変申し訳なく思います。
2010年02月20日 (土) | 編集 |
こわいと評判のランタンアニマルたち

なかでも豚さんは格別でしたが

なんの

会場にはもっと恐ろしいものがあったのです

IMG_6926.jpg

そこには線香の煙が立ちのぼり

お供物が

IMG_6927.jpg

「このお供物はすべて本物です」

さいですか~

パイナップルとかお饅頭みたいなものが供えられていますが・・

・・・っ!

IMG_6929.jpg

中央に豚さんの亡骸がっ

しかも奥の方には豚の生首が勢ぞろいではありませんかっ

こっわ~と思いながら

IMG_6935.jpg

あえて回り込んで裏側から撮ってみた

めらめら~

もちろん豚の頭の断面図もガン見 きゃはっ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
豚さんの写真を見てふと思い出したのが、
武田泰淳の「森と湖のまつり」って作品。
アイヌのお祭りで、解体された熊さんの
描写があるんですよ。
それをちょっと思いだしたの・・・。
2010/02/21(日) 00:11:17 | URL | ROCK #-[ 編集]
>ROCKさま
古い祀りの雰囲気がありますよね
これが食用としてポピュラーな豚さんじゃなく
それこそ熊さんだったら イロイロ問題になりそう^^;
2010/02/21(日) 10:51:53 | URL | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。