スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んでも男前。

母と一緒にお通夜に行ってきました

ああいう場って、知らない人たちが混在してて、お互いにどういう立場でそこにいるのか、

さっぱりわかりません

親戚なのか、仕事関係なのか、あるいはご近所の方なのか

いとこの顔だって忘れてます

そんなカオス状態の通夜ぶるまいの時に、母がよその奥さんに話しかけられました
  (その奥さんは亡くなった方の子どもさんの婚家のお身内らしい)

奥さん「ご近所の方ですか?」

母  「いえ、○○の姉です」

奥さん「○○さん?」

母  「はい、○○は弟です」

奥さん「え?○○さんって?」

奥さんには○○さんが誰だかわからなかったみたいです

とても残念です

○○おじさんはそのとき棺の中で、安らかに御休みになっておられたのですが・・

とてもいいお顔で、亡くなってからも男前でした

さすがおれのおじさんだぜ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それは ご愁傷様でしたね^^;

おたくも おじさんに似て さぞ美人なんでしょね(^_^)/ 

そうですね。親戚とはいえ、会う機会が
ほとんど無い方もいますから、葬儀の時
とかに、ああこの人が・・とかこの人は
どういう関係の人?とか記憶の片隅から
思い出したり、覚新たにえさせられる事
になったりしますね・・。
猫さん関係も、久々に仔連れで戻って来
られると、さすがにその仔は誰?となり
ますね。模様だけで判断出来ない場合も
あるからね~。

冠婚葬祭、ここ数年「葬」しかお座敷がかかりませんなぁ。

主人公の名前しらないそのオバちゃんは何者ざましょ?

>アコパパさん

若いうちに亡くなって良いことは、死に顔がきれい、
というその一点かもしれませんね。

>ROCKさん

そういえば、親族の席に、常連の患者さんがいらしてびっくりしました。
どういう繋がりなのか、謎のままです(笑)
猫さんはたまによその子も混ざってるので、ますますわかりませんね。
あめちゃんとか・・^^;

>と○○んちゃん

故人の娘さんのだんなさん関係らしいです。
もう婚で呼ばれるとしたら、会社関係だけですねぇ。
あと10年くらいで葬のラッシュかなぁ。
この歳ではじめて喪服を買いましたよ。

その奥さん・・・無理に来なくてもよかったのでは・・・

私、人覚えが悪いから、その奥さんみたいことやらかすかも。
義理でお悔やみに行ったら、なおのことね。
気をつけよう。

>あたスカさん

まあ、賑やかなほうが故人も喜ぶでしょうから・・・(喜び組?

>salasalaさん

“誰々のお父さん”というかたちで認識してらしたのかもしれませんね。
でも玄関を入る時に、名前くらい確認しておいてほしいような気も^^;
沈黙は金とはよく言ったものです。
最近の記事+コメント
チャット

無料アクセス解析
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム
メールはこちらから(゚∀゚) カモーン

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。