ラブストーリーは突然に。
2013年09月18日 (水) | 編集 |
9月下旬ともなれば、夕方7時には暗くなる

夕闇の中、坂を駆け下りる自転車の男性

街灯が途切れていたせいか、向かいから歩いてくる女性に気がつかない

速度を落とすことなく正面から突っ込みかけて、接触寸前でブレーキ

男「すみません!大丈夫ですかっ!」

女「だ、だいじょうぶです・・」

・・・と、なんだかドラマみたいなシチューエーションではないですか

このまま恋に発展するかと思っちゃった

まぁ本当は、私、トイレに行きたくて、それどころじゃなかったんだけど
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
自分かい!?
確かにトイレは緊急事態ですよねー。
本屋に入るとなぜかもよおして来て。。。
前に ネットで見たけど 私だけじゃないみたいで。
本屋さんの インク?印刷?の匂いのせいではないかとか何とか。

御怪我がなくて なによりでしたね。
2013/09/19(木) 02:08:24 | URL | 風のいろ #-[ 編集]
ああっ!軽く当たって、法外な慰謝料ゲット☆のチャンスだったのにっ!でも、怪我が無くてなによりでしたねーっ。
2013/09/19(木) 22:01:51 | URL | ROCK #-[ 編集]
>風のいろさん
実は図書館に行った帰りでした
匂いが関係あるかもしれません(笑)
本に囲まれて安心するからかな?と思ったりもして
2013/09/19(木) 23:27:22 | URL | ゆう #-[ 編集]
>ROCKさん
当たり屋ですかぃ!
法外な慰謝料なんてそんな大それたことは・・・片手くらいで充分です(取るんかぃ
自転車でも、速度が出てると怖いですね
自分でも避けたつもりが、ドン臭すぎて、全然避けきれてませんでした(笑)
ブレーキがきっちり効かなかったら、危なかったぁ
2013/09/19(木) 23:31:15 | URL | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する